photo : junichi kudophoto : junichi kudophoto : junichi kudophoto : junichi kudo

ROOM BATHTUB

横浜市中心地から電車で5分ほどの黄金町は、戦後、売春や麻薬を扱う違法飲食店が軒を連ねていました。
2008年から開催された「黄金町バザール」は、この地域をアートによって変えようとするまちづくりの試みです。
その中の活動のひとつに、アーティストを国内外から招待し、この街に滞在しながら作品を制作し、地域に開く「アーティストインレジデンシャル」があります。

この計画は、「黄金町バザール2015」の企画として開催されたコンペティションのうちのひとつ、「アーテストのためのレジデンシャルスペース」の当選案です。

開口部のない元々飲食店だった30平米ほどのスペースの改装。
アーティストレジデンシャルという特殊な用途と、抑えられた工事費などの要件から、誰もがわかりやすく、簡単な仕組みのものをと考えました。

トイレと倉庫以外を解体し、床と壁を曲面状につなげ、床壁に一体的な防水を施し、シャワーと排水口を設けることで、継ぎ目のない大きなバスタブのような空間としてます。
床壁はモルタル金コテ仕上のうえエポキシ樹脂防水、天井はフレキシブルボード突き付け張りで仕上げとし、外部は手を加えず、浴室でよく使われる照明とタオル掛けのみを設置しました。

浴室は住空間の中においては、完全防水でパッケージされた何をやってもいい自由な空間といえます。
アーティストの作業スペースとして、インスタレーションや展示の場として、水を扱う場所があってもよいのではと考えました。
「黄金町バザール2015」期間中は空間が展示され、こども達の遊び場になっているのを何度か目にしました。
開催後は公募によりアーティストに貸し出される予定です。

かつては何でもアリだった黄金町の自由さを、新しいかたちでこのスペースに還元したいと考えました。

所在地:神奈川県横浜市中区初音町
用途:アトリエ
規模:木造2階建ての1階 32.27m2
2015年10月